吹田

【大阪吹田】カフェ好きも、カフェ経営者も、知らない人はいない『カワタ製菓店』

スポンサーリンク

関西カフェ好きの中ではもちろん、カフェ経営者も度々訪れる店「カワタ製菓店」にはじめて行きました。

ピアノソロがしっとりと流れる店内、素材にこだわった焼き菓子。
わたしはなぜもっと早くにこのお店と出会わなかったのかと軽くショックを受けました。

カワタ製菓店とは

JR吹田駅から徒歩3分の場所にあります。
夫婦お二人で経営されています。

外観

メニュー

*2018年5月~のメニュー*

【ミルクスコーン】 ¥250-

【ラズベリーとバナナのスコーン】 ¥310-

【にんじんケーキ】 ¥400-
すりおろしたにんじんをたっぷり入れた、カステラのような食感のスポンジケーキです。癖がなく、どなたにも食べやすいように焼き上げています。

【日向夏(ひゅうがなつ)のタルト】 ¥500-
今年もこの季節になりました。「ニューサマーオレンジ」や「土佐小夏」、「小夏みかん」などの名称でも知られる果実です。房ごと食べる果実で、焼きこむにはとても相性の良い柑橘です。

【煎茶と枇杷(びわ)、白花豆のレモンクランブルケーキ】 ¥500-
カワタ製菓店での定番ケーキの晩春バージョンです。キウイと枇杷、小豆と白花豆のうつろいを感じていただければ嬉しく思います。

【柑橘とビターキャラメルのチーズケーキ】 ¥500-
フロマージュブランを加え、よりさっぱりとした生地に柑橘とキャラメルの酸味と苦みを加えております。柑橘は時期により変更していきますので、若干風味は変わってくると思います。

スポンサーリンク

【フォンダンショコラ】 ¥500-
ケーキの中のトロッとしたチョコレートが印象的な菓子ですが、カワタ製菓店では冷たく冷やして、生チョコレートのような食感でお出しさせていただいております。
http://kawata-seikaten.jp/menu.htmlより引用

1つに絞れなかったの2つ注文しました。

・日向夏のタルト

・柑橘とビターキャラメルのチーズケーキ

ほどよい焼き加減のタルトに、ほんのりあまいクレームダマンド。酸っぱさと苦味のある日向夏が合います。

チーズケーキに感動。

キメが細かい生地でかなり口どけなめらかです。口に入れた瞬間はさわやかな酸味が広がり、食べ終わる頃には苦味がやってきます。確かめるようにゆっくりゆっくりといただきました。

BGMがいい

店内はゆったりとしたピアノソロが流れています。

ゆっくりとお店に溶け込むBGM。決して邪魔をしないBGM。

店内カウンター5席、座敷10席ほどです。

土日は予約必須。

ケーキ、スコーンはテイクアウトできます。お土産にぜったい喜ばれます。

おだやかなご夫婦、ゆっくりと時間が流れる店内、旬の素材の引き出し方が絶妙なケーキ。

都会の喧騒を忘れて、ゆっくりとした時間を過ごしてください。

スポンサーリンク
ABOUT ME
うさぎとカフェめぐり
製菓専門学生のえぴぽろとうさぎのゆずぽろがカフェ巡りをします。主に大阪・京都に出没します。焼き菓子、カレー、オーガニックが好きです。